アジアン家具の魅力

アジアン家具の醍醐味

日本にいても海外の企業メーカーが生産した商品でも、今の時代なら簡単に取り寄せることが出来るようになった。それも方法によってはパソコンとインターネット回線と言う二つを使用することが出来れば、その手軽さはものの見事な手順で話が進行する。これがほんの10年ほど前と比べてたらまだまだ電子社会が構成されて間もないところ、おそらく手段として利用するにしても、今とはどこかアナログ気質が漂っている感じがしているが、まぁ気のせいとしておこう。

簡単に取り寄せることが出来るようになり、またわざわざ現物を見なければ商品を購入するしかない時代と比べたら、現在のこうした状況は望まれてきた状況と見ることが出来る。ただ海外から直接購入するとなったら、どうしても気になるのが『関税』という名の徴収金が取られることになってしまうので、それはそれで気がかりなのだが、その点に関しても順番に話をして行くとして、まずは今回のテーマとしてあげる『アジアン家具』について話をしていこうと思う。

アジアン家具といっても一言でどんな家具かと述べることは出来ないが、あえて言うとしたら『南国リゾート気分を味わうことが出来る家具』といったところか。アジアン家具と日本で人気を呼んでいる家具が利用されている地域は、主にインドネシアを始めとしたバリ島付近、またインドやタイなどといった東南アジアで使用されている家具のことを意味している。アジアン家具といえば何処か高級品といったそんな印象を持つのだが、地域によっては経済状況なども加味しても高級リゾートとして知られているとは思うが、そうでは無いところだってある。

その証拠として、アジアン家具を買うとしたら海外で生産された家具でありながらリーズナブルな値段で購入することが出来ることもあって、昔から人気を博しているアンティーク家具といったものなどと比較すると、ここ数年程度で人気を博している商品でもある。

どうしてこんなに人気が出るようになったのかというのは、急ぎ足でかけている日本人にしてみれば、普段から雑踏にまみれて生活しているがため疲れきった時間を過ごしている人もいるため、必然とそうした人達にとって癒しと言う要素を求めたくなるもの。そこでアジアン家具の、何処から優しく、見た目の印象からして強烈な印象をもたらさないような柔らかいインテリア調は日本で生産されている家具とはまた違った風味が出ていて、現在ではアジアン家具もまた人気商材となるまでに時間は掛からなかった。

現在ではエステなど癒しを題材にした店舗などで使用されており、中には家のインテリアすべてをアジアン家具に変更している人もいるだろう。日本の家具よりもアジアン家具の方が良いという、その魅力とは一体何処にあり、そして何が違うのだろう。

アジアン家具の特徴として

アジアン家具の特徴としてあげるなら、やはり使用されている材木に注目するところだろう。種類はもちろんだが、そもそもの性質を生かして暮らしに便利なものを生産しているのはもちろんだが、その特徴となる理由としては、やはり生産されている地域の条件に基づいて作られていると言うことだ。現代では日本の家屋は洋風となっており、昔ならでは平屋も見かけることはあるにしても、主流hがマンションとなっている。かつての日本ではコンクリートといった人工物を感じさせる素材で建築は行なわれていなかった。日本では木材を中心に建築されていたが、それも土地柄によっていかに過ごしやすくするために家作りから徹底的に取り組んでいる。

昔も今もそうだが、日本は土地の特徴としてどうしても湿気が含まれやすい風土を持っている。それは東南アジア、そしてバリ島付近にしてもだが、ここ近年で考えたらその状況が明らかに酷く悪化しているように感じるという人もいるだろう。一時期、夏真っ盛りの季節に気温が40度まで上がったのが確認されたりもしているが、インドを始めとした砂漠地帯が集中している地域に関しては、その気温上昇は別段不思議なことでは無い。ただその地域の暑さと日本の暑さではまるで別物と称することが出来る点がある、それは湿度という点だ。

海外の湿地帯も雨季になれば雨は連日連夜降り注ぐことになるが、日本の雨が降る量と比べたら実は世界的に多いことが分かる。

日本 イギリス アメリカ フランス 中国 タイ
1718mm 1064mm 760mm 750mm 660mm 1420mm

上記の表は1971年から2000年までの約30年間を通した年平均の降雨量を示しているが、アジアン家具で大半が市場を構成しているタイよりも日本の方が圧倒的に雨量が多いというのは、意外というよりは昨今の異常気象がもたらしている一端では無いのかと、そんなことを考えてしまう。

ただタイも決して少ないとはお世辞にも言えない量の雨が降り続いている。そのため日本‘ほど’ではないが、タイを初めとするアジアン家具を取扱っている地域では湿気が多い事も有名だ。だがそれでも日本に来ると、日本の方が熱く感じられて、母国に戻るとこちらはそうでもないと実感するという、奇妙な違和感を生み出しているのも話題にして聞いたことがある人も要るだろう。

今回のアジアン家具という点で注目したいのはそうした風土に伴う湿気と言う存在についてだ。日本も今ほど暑くはなかったが、過去まだ空調といった機会が存在していなかった時代において建築作りで外せなかったのが、いかにして過ごしやすい環境を形成することが出来るか、といったところだ。そのために近代以前の日本では木材を利用して、更にその木材が湿気を吸い込んで人が住むのに快適な生活空間を形成する、そんな木材を使用するようになる。湿気を吸い込めばその分木材に水分が取り込まれることとなって耐久性に腐食するスピードを増進することになるため、湿気を吸い込みながら耐久力が高いものを使用する、それが理想だ。

アジアン家具で使用されている材木も同様

日本でアジアン家具が受け入れられている理由には、この家具も同様に湿気などの環境に対して有効作用を働かせることが出来る木材を使用しているからだ。いわば、日本でアジアン家具を利用することで湿気などを発生させにくい特徴を備えていることから、日本でも大いに活用することが出来るというきちんとした段階を踏んで受け入れられる。

アジアン家具に使用されている材木もまた、日本原産の樹林と必ずしも特徴が酷似しているわけでは無い、むしろアジアン家具に用いられている材木の方がより高価なものを使用しているといった、そんな部分もあるからだ。

魅力となる要素

アジアン家具の魅力としてあげる点は別にそんな湿気に強いと言う理由だけでは無い、他にも理由はある。いくつか挙げてみると、特徴としてだけではなく、また家具として人によれば理想ともいえる形を形成していると評することも出来るかもしれない。ではその魅力とはどんな点か、個別に取り上げてみよう。

こんなところが好まれている

1:天然素材ならではの特徴
アジアン家具の特徴でもあり、そして人気の秘密でもあるのがアジアン家具に用いられている材木が全て天然素材であると言うことだ。家具によっては徹底的に加工されているものもあるが、アジアン家具は自然素材だからこそその良さを生かしたデザインを取り入れているのがアジアン家具の醍醐味と言える。
2:個性的だが、バランスの取れた情緒感
アジアン家具の魅力でもある、独特と個性という言葉がこれでもかと似合うデザインを用いられているが、インテリアとして導入すると際立って目立つといった浮世絵感が出てこないのも魅力だ。これは自然素材の良さを殺さすに生かしたデザインとなっているため、それにより適応能力が発揮されるということなのかもしれない。
3:落ち着いたインテリアが多い
アジアン家具を利用していると度々『癒し』という言葉を良く見かけることがある。そこにはアジアン家具だからこその良さもあり、自然素材をふんだんに利用すると言う手法から素材の色味を無為に工夫しないところにある。材木の色合いそのものを利用するため、基本的にブラウン系が多く商品化されているが、だからこそ周囲の家具に溶け込むように作られている。
4:家具を統一すれば、さながらホテルのようになる
アジアン家具で家の中を全て統一すると、どこぞの南国にあるホテルの一室を連想させるインテリアと部屋作りをすることが出来る。やり方次第では家全体をリラクゼーションスペースとして構成することも出来るので、工夫次第では毎日が演出された楽しみで満たされる。

アジアン家具を大いに語る!

日常生活で使用する家具、どうせならそれは自分のこだわりを最大限生かしたもので統一したいもの。その中には『アジアンテイスト』な家具を導入したいと考えている人もいるだろう。また勧められてアジアン家具を導入してみたいと思っている人もいるはず、このサイトではそんなアジアンテイストの魅力を徹底的に紹介し、さらに他の家具との違いといった豆知識情報を提供するサイトです。